2010年12月13日

AKB48の前田敦子が、映画初主演。2010年に最も売れた本の「もしドラ」で。

AKB48の前田敦子が、映画初主演。2010年に最も売れた本の「もしドラ」で。

2010年に最も売れた本の「もしドラ」は、弱小野球部の女子マネジャーが、
マネジメントの父と称される経営学者、ピーター・ドラッカーの書籍「マネジメント」を
参考に甲子園出場を目指す青春物語。

人気アイドル軍団、AKB48の前田敦子が来年6月公開予定の
映画「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」
で映画初主演することが、分かった。

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」は、
今年の書籍年間ベストセラー総合第1位に輝いた同名ビジネス書の初映画化。

AKB48の前田敦子は「チームプレーでステキな作品を仕上げたいと思います!」と
目を輝かせている。


主人公・川島みなみを務めるのがAKB48の前田敦子。
原作のモデルとなったのは同じAKB48の峯岸みなみだったが、
日本テレビ系ドラマ「Q10」などで女優としても活躍し、
認知度、経験値が高いことからAKB48の前田敦子が抜てきされた。


アダルト電子写真集

DMM.com 動画


FX初心者でも出来る!1日5分簡単副業 WCtake FXメルマガ通信

ブログTOPへ

posted by どんどん at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 前田敦子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック