2011年05月28日

ゴールデンボンバーの鬼龍院翔、Mizcaを初プロデュース

6月15日にリリースされるMizcaのニュー・シングル「らふぃおら(女子キーバージョン)」のプロデュースを、“キリP”ことゴールデンボンバーの鬼龍院 翔が手掛けている。




「らふぃおら」は、局地的人気を誇るいま話題のエアー・バンド、ゴールデンボンバーの人気曲で、今回エレクト・ロシンガーのMizcaがカヴァーするにあたり、その本家のメンバーである鬼龍院 翔プロデュースを担当することに。

Mizcaは、東日本大震災の直後にニコニコ動画で公開された「らふぃおら」の前向きな歌詞、楽曲の世界観に共感し、カヴァーしたいとオファーしたとこ ろ、「この楽曲に込めたメッセージを多くの人に届けたい、勇気を与えたい」と鬼龍院が快諾、実現に至ったそうだ。ちなみに、キリPが他アーティストのプロ デュースを手掛けるのは今回が初となる。
また、「らふぃおら」とは、Life is all rightの略で、今作ではキリPもコーラスで参加している。
今回のシングルリリースにあたりMizcaは、「この曲の世界観にとても共感し励まされたので、もっともっとたくさんの人の心に届いて欲しいなと思いま す。鬼龍院さんはこの「らふぃおら」をすごく大切にしている、その想いを感じました。私なりに感じた想いを歌に込めました」とコメントを寄せた。
なお、現在「らふぃおら(女子キーバージョン)」は、dwango.jpにて着うた(R)、着うたフル(R)を独占先行配信中。
そして、CD EXTRAとしてシングルにも収録される、ゴールデンボンバーのベース歌広場 淳による振付けで作られたPVがYouTube日本クラウン公式チャンネルにて公開されているので、こちらもぜひチェックを。




FX初心者でも出来る!1日5分簡単副業 WCtake FXメルマガ通信

ブログTOPへ

posted by どんどん at 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック