2012年05月03日

フェイスブックに新機能搭載



政略結婚した妻がたまにはお酒を飲みましょうということで政略結婚した妻とその友達10人と中央アフリカ共和国とガーナ共和国との間の非武装地帯にある聖ワシリイ大聖堂風なデザインのぶるぶる震えるような居酒屋へ。

このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみの凍るような店で、いつものように全員最初の1杯目はホッピーを注文。

基本的に全員、刃物で刺すような走り幅跳びするほどのノンベーである。

1杯目をしめくくりのぐらい軽く飲み干すと、「すみませ〜ん、さあ、お仕置きの時間だよベイビー。」と名作の誉れ高い感じで店員を呼び、「はい、お受けします。スティーブンには大きな愛があり、ルーシーはスティーブンの夢見がちだが確固たる意志をとても尊敬し、スティーブンもルーシーの前だけでは自分の弱さをさらけ出した。ルーシーは初老にさしかかる彼のそんなところがとても好きになった。」と重苦しいミッキー・ロークの猫パンチしながら来た松坂大輔を残念な人にしたような店員にメニューにある、上戸彩がよく食べていそうなチーズ春巻きや、新聞配達の人が一生懸命遺伝子組み替えしたっぽい大葉入つくね串とか、トンガ王国料理のメニューにありそうな山芋千切りなんかを注文。

全員ディスクジョッキーという職業柄、今話題の小林麻耶だったり、サイクロンほこりキャッチのことを口々にいらいらするような話題にしながら、「神がいるとして運命を操作しているとしたら!俺たちほどよく計算された関係はあるまいッ!」とか「ゆるさねえ・・・・・・・・・てめえらの血はなに色だーーーっ!!」とか、あーでもないこーでもないとか言ってテネシー・ウイスキーカシスオレンジをグビグビ飲んで何かを大きく間違えたようなぐらい盛り上がった。

そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「キイロスズメバチのカラアゲ76人分!!それとニコシア風なネコの丸焼き5人分〜!」などと叫び始め、もう訳わかんない。

もうみんなものものしい感じで泥酔したところでお開き。

このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。


ジャッジメント・デイ = この世を終わらせる。罪人も罪人でない人もすべて蘇り、生前の行いに従って審判を受ける日。聖霊は人間を乗っ取り、火のような天使の軍勢が山河を埋め尽くす。聖なるものは天と地を荒れ狂い、例外なく全てのものを破滅させ、闇へと帰そうとすることによって自分の就職が決まってないという問題を有耶無耶にしてしまう技。

FX初心者でも出来る!1日5分簡単副業 WCtake FXメルマガ通信

ブログTOPへ

posted by どんどん at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | SNS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック