2011年09月25日

ファイナル・デッドブリッジに備えてみた映画は、ファイナル・デッドサーキット

10月に公開される「ファイナル・デッドブリッジ」

「ファイナル・デッドブリッジ」は、
「ファイナルディスティネーション」シリーズの最新作で5作目。

過去、4作のうち、4作目を観ていなかったので、鑑賞。
 2作目 『デッドコースター』

 3作目 『ファイナル・デッドコースター』
【送料無料】ファイナル・デッドコースター

【送料無料】ファイナル・デッドコースター
価格:3,591円(税込、送料別)


 4作目 『ファイナル・デッドサーキット』


『ファイナル・デッドサーキット』では、サーキット場で、大事故の予知を見る。

死を避けた観客が、やはり死ぬはずだった順番に死んでいく。

3D作品のためか、飛び出し効果が随所に。

今回のキーワードは、予知夢を「デジャブ」と解釈している。

しかし、全体的に新鮮味がなく、マンネリ感。


「ファイナル・デッドブリッジ」を期待しよう。




FX初心者でも出来る!1日5分簡単副業 WCtake FXメルマガ通信

ブログTOPへ

posted by どんどん at 15:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

「世界侵略 ロサンゼルス決戦」を観ました


2011年9月23日「世界侵略 ロサンゼルス決戦」鑑賞。




SF映画というより、戦争映画です。
ただし、相手は、宇宙人。



突如、宇宙人の世界侵略が始まる。

ロサンゼルスを守るため、空爆を計画。

空爆が開始するまでに、取り残された民間人を救うために
海兵隊が出動。

なんとか、民間人を救出し、前線基地に戻るが、
そこは、すでに壊滅状態だった。

別の救出ポイントに向かい、救出される際に、
敵の司令部を発見。

命をかけて、残った数名で司令部壊滅に向かう。

これが、「ロサンゼルス決戦」だ。

見事、壊滅させ、形勢は逆転。

残った軍隊と合流し、ロサンゼルス奪回のため、再度出動。



ストーリーは、シンプルだが、海兵隊員の様々なやり取りが
感動を呼ぶ。

合言葉は、「退却NO」

特に、主役のマイケル・ナンツ二等軍曹は、過去に苦悩を持ちながら任務を遂行していく。




DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト







FX初心者でも出来る!1日5分簡単副業 WCtake FXメルマガ通信

ブログTOPへ

posted by どんどん at 15:50 | Comment(0) | TrackBack(1) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする